よく知ることからはじめる よき理解者になるために

看護師の職種について

看護師の職種は資格により違って来ます。准、正看護師がほとんどですが、その後キャリアを積んでさらに資格を取得することで、専門、または認定看護師になることが可能になります。キャリアアップのために他の資格を取る方も多く、医療系の仕事に就く方はその後の勉強を続けるか続けないかで大きく立場が変わることも考えられるということです。働きながら勉強をするのは難しいことですが、両立している方も多く、順調にキャリアアップを計っていく方も大勢いるということを考えれば、学び方次第で働き方を変えて行けるということになります。
准看護師を選んで資格を取った方は、キャリアを積んだ後に改めて正看護師としての資格を取得するかどうかを考えるタイミングがあると思います。その時に、前向きに自分が今後どのような形で病院、医療に携わるのかを考えてみる必要があります。資格取得後、何度か転院を経験する方も少なからずいるでしょうし、そんな中でも休職しない限りキャリアは積み上がっていきます。その経験をどう活かし、他の資格をどのタイミングで取得するのかを考えていく必要があるのではないでしょうか。自分を活かせる幅を広げるかどうかを職場環境も含めて判断したいところです。
正看護師として仕事を始めた場合は、学生の時から他の資格について考える時間があったのではないでしょうか。保健師や助産師など、考えられる資格はたくさんあり、大学在学中にどのようなキャリアを積み、いつ、どのタイミングで次の資格を取るかを計画的に考えている方も多いかもしれません。学べる知識が多いこともあり、在学中から選択の幅が広いことを意識出来る環境のため、迷わず他の資格についても考えやすいというのが大学の魅力ではあります。その時、どのような病院に勤め、資格を活かせるように仕事が出来る環境を整えるための努力が必要になることを覚えておきましょう。
専門看護師や認定看護師など、一定の条件を満たさなければ取得出来ない資格もあるため、働きながら学ぶということが当たり前の正解が医療の現場なのではないでしょうか。看護とひと言で言っても出来る仕事の幅は大きく違い、そのため細かく資格を取得しプロとしての人材を育成する必要がある職種と言えるのではないでしょうか。やりがいを感じる仕事として選ばれる看護という職種は、今後も一定数をしっかり確保し、少子高齢化に備える必要があります。その時、その病院に必要な人数が配置出来るよう、病院側も資格取得を促す必要があることを真剣に考えなければいけない時に来ています。

Leave a Reply